平成産業は持続可能な社会作りの最前線で、
地域社会に貢献し続けます。

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年に国連総会で採択された
「2030年に向けて国際社会が持続可能な開発のために取り組むべき17の目標」のことです。

私たちは地域の産業廃棄物を再資源化する
リサイクル専業企業として、日々の業務を通じて
持続可能な社会作りをサポートしています。

産業廃棄物の適切な処理は、地球環境の保護に欠かせない社会に必須のシステムです。例えば近年、海洋放出されるマイクロプラスチックが大きな環境問題となっています。これはプラスチックゴミが河川から海へと流れ出て、波などの機械的な力や紫外線劣化などで分解されることが原因の一つとされています。平成産業のプラスチックリサイクルは、この汚染サイクルを断ち切り、地球環境と人々の健康を守る重要な使命があると考えて、私たちは日々の業務にまっすぐ取り組んでいます。

適切なリサイクルは
資源を循環させるだけでなく、
生産のためのエネルギーも節約します。

持続可能な社会の実現のために、
リサイクルは生産と消費の双方にとって、
重要な役割を果たしています。

プラスチックのリサイクルは
マイクロプラスチックの発生を抑制し、
美しい海を守ります。

産業廃棄物の適正処理は、
生活空間の衛生環境を向上させ、
豊かな自然を守ります。

さらに平成産業は地域社会の一員である社員の職場として、
安全快適に働ける環境づくりを重視し、
働き甲斐のある職場と社員のしあわせの実現に努めています。

社員とその家族の将来を見据えた
適切な労働環境と待遇を実現し、
次世代へつないでいきます。

社会的な使命を自覚し、
地域社会の発展に寄与する
企業活動を行います。

ご不明の点は、お気軽に
平成産業までお問い合わせください。
› お問い合わせ