目指すのは、
より良い未来につながるリサイクル。

Recyclingfor abetter future

リサイクル専門
有限会社 平成産業

発泡スチロールの処分コスト削減と、
古紙・プラスチック・PETボトルの買取りは
「リサイクル専門」 平成産業へ

私たち有限会社平成産業は平成元年創業の栃木県真岡市を拠点としたリサイクル専門企業です。栃木・茨城・埼玉の各エリアから収集した資源化物を自社工場で中間処理し、産業界向けの再生資源として出荷しております。この弊社の再資源化フローをご活用いただくことで、多くの企業様が従来の「処分するだけの廃棄物処理」から「分別とリサイクルの活用」へと転換を図り、効率的で持続可能な処理コストの圧縮を実現されています。
取扱品目はSDGsなどの世界的な潮流の中でますますニーズの高まっている発泡スチロール、古紙・プラスチックの再資源化に特化し、設備の最適化とスタッフの資質の向上を図り、常に生産性と品質の向上に努めております。また50tトラックスケール完備でお持ち込みに対応するほか、一定量を保管いただければ回収サービスも可能です。これらの品目の処分に関するお悩みは、ぜひ私たち平成産業にご相談ください。時代の要請にマッチした最適解をご提案いたします。

our VISION
平成産業の目指すところ

「故きを温ねて新しきを知る」
たとえば江戸時代、リサイクルされた古紙は「還魂紙(かんこんし)」と呼ばれ、
紙が貴重だった当時の人々の暮らしの中にしっかりと根付いていたそうです。
使い終わったモノを無駄にせず、再び魂を還し明日へとつないでいく。
現在のSDGsにも通じるこの知恵を、故き日本人はすでに携えていました。
そしてこのことは、現代の私たちにとっても忘れてはならない大切なことだと思います。

故きを探求し、新しきを追求することで生まれる未来があります。

私たち平成産業はこれからも「より良い未来につながるリサイクル」を目指し、
まっすぐに社会に貢献し続けていきたいと考えています。